あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■18日(土)

朝練:17km(家の近所)

前日が25時寝で、最低5時間は寝たくて6時起床。ご飯を食べてそこから朝練。
朝練といってもレース前日なので負荷をかけるわけではなく力を抜いて緩い坂を
何本か上ったりゆったり走る程度に。

帰ってシャワーを浴びて洗車。9時20分くらいに家を出て松本に向け電車で。
いつも通りこの日も輪行。カーボンホイールで輪行は避けたいところだけどレンタカー
はお金がかかるし、いたしかたがないところです。あずさの車中もこれといって
することもなくボーっと。ホントは眺めがいいハズなんだけれども毎年この時期は
曇り空で、電車からの景色は楽しめません。

13時に松本着。uchiさんと待ち合わせて受付へ。雨がパラパラ降っていてuchiさん
がいなかったら会場行くのも一苦労でした。野球場に行くと568の方たちが
駐車場所を確保してくれていました。ライバルの568のgenさんと挨拶。車坂では
かろうじて勝てたけど地力ではgenさんが上手です(汗)驚いたのがgenさんと
ホイールが被っていたこと。しかもタイヤまで(笑)車坂まではgenさんもアルミ
ホイールだったと記憶しているけど、まさか同時期に同じカーボンホイールを
購入していてしかもタイヤも被るなんて(汗)

受付してご飯を食べて、あとはバイクランチに行ったりして時間を潰す。uchiさん
はバイクランチでポジションのフィッティングをしてもらっていました。膝の角度
は110度で一番力が入るとかそんな知識もなく、深く考えてもいないなーと。
ポジションはサドル高さや前後位置などほとんどフィーリングで悪く言えば適当。
シーズン終わってからでも一度きちんと見てもらった方がいいのかもしれないです。

このあとは568の皆さんと銭湯へ。お湯風呂と水風呂を行き来するのを繰り返す
のが良いらしく、試してみると確かに血の巡りが良くなった気がした。晩ごはんは
肉が食べたい気分だったのでジンギスカン定食。胃に残るような感じでもなかった
のでたぶん問題なし。

この日はuchiさん宅に泊めさせてもらい23時くらいに就寝。


■19日(日)

5時前起床で5時30分頃会場入り。朝ご飯はジャムパン、カロリーメイト、ソイジョイ
バナナ、フルーツジュースで食べ過ぎないように。6時過ぎからアップ開始。
女鳥羽川沿いの道を3往復。ここは会場から近くて走っている人も少ないので
アップするには丁度よいかと。緊張のせいか心拍が軽く150を超えていました。
ただ体は軽くて調子は悪くない様子。最後にレース前半の激坂を上るつもりが道を
間違えていて、まあいいいかとそのまま上って心拍数を170まで。

会場に戻るともうかなり並ばれていて、アップに時間かけてたから仕方がないかと
半ばあきらめていたけど、568のgenさんに隣のスペースを空けてもらい、前の方で
並ぶことが出来ました。genさんには冗談でいろいろ言われるけど、何だかんだで
すごく気を遣ってくれます(感謝)

自分は男子Bの前半で7時51分スタート。過去2年は序盤の直線から抑え気味に
行って激坂で抜いてくのに苦労していたので、今回は序盤から気持ちとばしていく
イメージで。前方に位置どりしていたおかげで比較的前の方で最初のカーブを曲がり、
激坂にさしかかるあたりで前方には10数人くらい。先頭にいるgenさんまでは
100m弱くらいあったと思います。マイペースに1人ずつ抜いていきgenさんに追いつく。

ここからはgenさんについていく格好で激坂を登坂。genさんのペースは少しだけ
速く感じたけど、ついていけるペースではあったので辛抱して。ただ心拍は180台後半
まで達していて、これは最後までもたないと思い、激坂が幾分緩くなる辺りで
genさんを見送る。美鈴湖の平坦区間は1人旅。平坦区間が終了して再び急坂に突入。
前方にgenさんが確認できて何とか追いつける位置にいたので再び追うことにする。

心拍は185以上でかなりつらかったけど追いついたら優位になれるかもしれないと
希望的観測を持ちながらじわじわ差を縮めて第2チェックポイントの手前で何とか
追いつく。追いついたはいいものの追いつくのに力を消耗していて、とても前に
出ることはできませんでした。ほどなくしてgenさんに離されここから完全に1人旅。
心拍は180前後に落ち着いて、平坦区間までの辛抱だと思い、前にスタートした人たち
を目標にしながら。

平坦区間に突入してペースを落とさないようにと心がけるものの50km/h
以上スピードが出るところではビビってしまいブレーキを多用してしまった。1度抜いた
人に平坦区間で抜かされたりもしたので、この区間は来年以降の課題です。
ゴール手前最後の坂はかなり苦しかったけど後悔は残したくないので、最後の力を
振り絞って登坂。ゴールしてサイコンでタイムを確認したら1時間10分を切っていました。
正式な記録は1時間9分42秒。1時間10分台で走れればいいところだと思っていたので
この結果はとても嬉しかったです。

ツール・ド・美ヶ原2011
タイム:  1時間9分42秒
最大心拍数:191 bpm
平均心拍数:182 bpm
平均速度: 18.6 km/h
CAD.ave:  79 rpm

前半グループでは2位。後半グループに自分よりも速い人が2人いて順位は4位でした。
あわよくば3位と思っていたけど、そんなに甘くはなかったです(汗)genさんは惜しくも
2位。uchiさんは8位で栂池に引き続き2週連続の入賞。T矢さんが10位と知り合いが
3人も入賞していて、男子Bはすごいことになっていました。

昨年のタイムが1時間14分くらいで、そこから距離を乗るように心がけて今年は70分
を切るレベルまで持っていくことができました。さらに上のレベルを目指そうと思うと
なかなか難しい。単純に距離を乗ればいいという問題ではなく、スキルや強度も
今まで以上に高いレベルに持っていかないといけないと思うし。。そのへんは今後
ぼちぼち考えていこうと思います。

レース終了後は温泉に浸かって、夜はuchiさんと568の打ち上げに参加させて
もらいました。自分なんかが参加してもいいかなとも思ったけど、皆さん気兼ねなく
話しかけて下さりとても楽しく過ごせました。ありがとうございましたっ。

---------------------------------------
□機材メモ
フレーム:KUOTA kebel
ホイール:zipp303
タイヤ: Continental competition 22c

□重量メモ
体重:58kg
車重:7.5kg

□コースメモ
美鈴湖からの長い坂は7-8%の単調な坂が続く記憶していたけど、10%の
急坂が時折出現し、5%くらいの緩い坂もあったりと変化に富んでいた。
最後の平坦区間は慎重になりすぎて攻めきれなかった。時間に余裕が
あれば試走したほうがいい。

スポンサーサイト

美ヶ原でucchiさんにご紹介頂いた青いジャージの者です。

激坂お疲れ様でした!
同じ神奈川、年代でここまで速い方がいらしたとは…驚きました!
今度、ngwさんの練習にご一緒出来ればと思います。

2011.06.21 20:37 URL | take1108 #- [ 編集 ]

僕は土日休みなので、take1106さんが都合のいい日があれば
教えてください(^^)/

今度奥多摩辺りにでもいきましょうー
今後もよろしくお願いします。

2011.06.22 22:57 URL | ngw1117 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hillclimb1117.blog64.fc2.com/tb.php/255-dce57a63

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。