あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■1日(日)

コース
遠刈田温泉→蔵王エコーライン→賽の磧→蔵王エコーライン→r12→r4→白石蔵王駅

自転車旅行も最終日で蔵王エコーラインを上り“お釜”を目指します。昨年はレース
で上っていて、このコースは乗鞍級で走り応え満点です。2日間の疲れもあって
まともに上れるかも心配されたけど、しっかり補給して休んだら、万全ではないけど
160-170くらいの心拍数で上れるくらいにはなっていました。やっぱよく食べよく寝る
ことが回復の基本です。

序盤から10%くらいの坂が3kmくらい続き、途中から7-8%の坂がだらだら続きます。
荷物はペンションに預けてきたのでずいぶん体が軽く感じました。
このコースで特徴的なのは標高が上がるにつれ、強い風が吹きすさぶところ。
油断して臨むと痛い目に遭います。コースのおもしろさは乗鞍に匹敵するんじゃ
ないかと個人的には思うのですが。

そもそもこの旅の目的は、蔵王の雪壁と頂上から眺める東北の山々をまた眺望
したいとうのが発端でした。目的は果たされたかというと、残念な結果だったわけで。。

賽の磧で通行止め(泣)2日前に雪が降ったそうで。
送信者 蔵王エコーライン~白石蔵王駅

通行止めはふもとから800mくらい上ったところ。ここからの景色がサイコーだった
はずなのですがちょっぴり残念。しょうがないです。

蔵王エコーラインに到るまでにたくさんの未知の景色に出会えて満足でした。
蔵王の雪壁は来年に持ち越し。来年は絶対レースに出るぞー。

この旅もこれにて終了。ペンションのオーナーに挨拶してお別れ。わざわざ外に出て
僕の姿が見えなくなるまで見送って下さいました。「田舎に泊まろう」の
1コマみたいだった(泣)来年もこのペンションに泊まろう。

帰りは白石蔵王駅まで自走しそこから輪行して帰宅。中身の濃い4日間でした。
自転車旅行はこれだからやめられないです。

走行距離:60km
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hillclimb1117.blog64.fc2.com/tb.php/227-891f9ce0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。