あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■27日(土)

前日は11時半くらいに松本入りでucchiと108くんと待ち合わせ。電車に乗り
遅れて1時間くらいの遅刻でした。。ucchiの車に乗せていただき乗鞍へ。

乗鞍に到着して568の皆さんとご挨拶。上位をねらうnamoseさん。好調の
keiさん。皆さん気合い十分。自分はというと。。

受付を済ませて宿入り。松本CCが泊まる宿にご一緒させていただきました。
晩ごはんは洋風の豪華な料理を堪能。それからビールとかワインとか。
レース前日に初めて飲みました。飲むのは嫌いではないので美味しく
いただきました。でも本気だったらステーキは残していたしお酒も飲んで
いなかったかと(汗)

22時くらいに就寝。


■28日(日)

4時起床。朝食を摂ってスタート地点付近までの上り坂でucchiとアップ。
不十分だったけど、これ以上してもたいして変わらないだろうとアップ終了。
ヤル気がないなら帰ってしまえとこのときの自分をぶん殴ってやりたい。。

7時13分にスタート。スタート直後から先頭集団を見送り、マイペース走行。
心拍数は少しずつ上げて180くらいを維持。180前後を中盤以降も保てていた
ので思っていたより悪くないタイムでゴールできるかと思ったけど、位ヶ原
山荘以降全く力が入らなくなり後続に次々と抜かれる。緩斜面では回せて
いたけど急坂になったところでは全く踏めなかった。ここの辺りで軽いギヤが
あればまた違っていたのかもしれない。

昨年のタイムを5分縮めることを当初目標としていました。結果は5分落として
1時間14分40秒。レース自体は頑張りましたが、レースに至るまでのプロセスが
無茶苦茶で話になりませんでした。自転車の整備もしないで、スプロケットも
交換せず臨むとか自転車に乗る姿勢から改めなければ土俵に立ってはいけない
と思いました。腐ったみかんは周りにも影響を及ぼしかねないので、こんな
姿勢で乗り続けるのならやめた方がいいと思います。

今回は男子Bのレベルが高く、ベストの状態で臨んでも入賞は厳しかった
かもしれません。ただ入賞はできなくともそれにからむ走りがしたかった
というのが正直な感想です。1年前から目標にしていたレースで、こんな形で
終わってしまうとは思ってもみませんでした。空しいというかやるせない
というか、こんなことぼやいてることがみっともないですね。

ucchiさんを始め美ヶ原で上位だったみんなは順当に1時間10分を切り1時間7分
とか8分とか。namoseさんやkeiさんは好成績が期待されたものの
力を発揮できず思ったような結果は残せなかったよう。来年に向けてリベンジ。
自分もその流れに乗らなければ。

自転車乗れるかは仕事次第ですが、出来ることなら乗鞍に照準を絞って
また頑張りたいという思いはあります。まだ乗鞍で納得のいく走りをした
ことがありませんので(汗)

壁にぶち当たることは誰しもあることだと思います。こんなとき自暴自棄
になって何するにも投げやりがちな自分はホント弱いと思います。
壁にぶち当たってもやるべきことを出来る人は強いと思います。
これを好機ととらえて成長したいものです。

表彰と抽選が終了したのちucchiに松本駅まで送っていただく。美ヶ原でも
乗鞍でもお世話になりっぱなし。感謝感謝です。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。