あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■10日(金)

コース:
実家→あま市→海津町→養老町→二之瀬×2→木曽三川公園
→愛西市→津島市→実家

日曜日は不完全燃焼だったので、地元で有名な二之瀬を2本上って
完全燃焼することがこの日の目標です。前にタイム計測したのは
2年以上前でその時のタイムが22分30秒。とりあえず目標を20分ジャスト
に設定。それからzippに慣れるのがこの日の課題です。


【1本目】

序盤から中盤にかけては良いテンポで上れました。後半タレたけど
なんとか踏ん張ったと思う。ゴールが思ったよりも近く感じました。
普段T.T.をしているコースよりも短いためかもしれない。
タイムは目標に及ばず。。

タイム:  20分24秒
最大心拍数:189 bpm
平均心拍数:176 bpm
平均速度: 18.7 km/h
CAD.ave:  82 rpm


【2本目】

1本目に比べて序盤から明らかに出力が低い。1本目よりも踏めず回せず
で苦しいヒルクライムでした。後半にかけて出力を上げて心拍数も
それなりに上がった。けれどタイムは1本目から1分近くダウン。

タイム:  21分30秒
最大心拍数:187 bpm
平均心拍数:170 bpm
平均速度: 17.8 km/h
CAD.ave:  79 rpm


思っていたよりもタイムは良くありませんでした。正直zippを履いてこの
タイムは恥ずかしい。最低でも20分切りはしないといけなかったと思います。
心拍数は185bpm以上まで上がって追い込むことはできたかと。
ただ2本走り終えたからのヘタれようが酷かったです。平坦でも踏むことが
できずハンドルバーを握ってサイクリング。調子は悪くないと思うのですが。

zippを履かせて走ってみた感想は、ホイールが軽い分これまでより重力
に逆らわず上っていけるからケイデンスが上がっていく、だから速く上れる
印象を受けました。ただペダリングする感覚がこれまでと違うから、そこは
慣れておかないとロスにつながりそうです。

美ヶ原に向け不安要素だらけですが、残りの期間でできることをするだけと
半ば開き直って本番を迎えるのが良いかも。

走行距離:89km
■11日(土)

朝練:3本ローラー50min(回復走)

学生時代の友人の結婚式の二次会に出席。なかなかタイミングが合わなくて
卒業以来会っていませんでした。白無垢姿やドレス姿はとても綺麗だった。
相手の旦那さんもしっかり相方を守る頼りがいのある青年といった感じでした。
「結婚かー」と現実に引き戻された気分。

自転車ばかり乗っていて、このままじゃいけないんだろうなと思いつつも
あと2年くらいは好き勝手しててもいいかなあとも。


■12日(日)

コース:
実家→名古屋市街→尾張旭→瀬戸→雨沢峠→森林公園→名古屋市街→実家

実家から雨沢峠のふもとまで30km強。こんなに長かったかと思うくらい
つらかった。名古屋市街を抜けるのに一苦労。尾張旭から瀬戸にかけても
信号だらけでちっとも進まないです。瀬戸から先は山岳で走るにはサイコー
なのだが。実家よりかは神奈川の自宅の方が走る環境は整っているように
思えます。雨沢峠は心拍数80%~90%の気持ちよく上れるペースで1本。
調子はそこそこ良いかと思われる。

走行距離:80km
■13日

朝練:28km(濃尾平野をぐるっと)
夕練:ローラー台 1h(流し)

家の周りは相変わらず行けども行けども平坦で坂がない。信号が
少ないから思いきり走れるけど、やっぱどこか物足りないです。

-----------------------------------------
久しぶりに6年間過ごした大学へ行ってきました。
研究室でドクターで残っている友人と昼ご飯。元気そうで何より
でした。僕は修士の2年間でいっぱいいっぱいで、博士への
道も考えたけど僕には無理でした。卒業までもう一踏ん張り。
彼には最後まで頑張ってほしいです。
■14日(火)

コース:
実家→名古屋市街→尾張旭→瀬戸→雨沢峠→戸越峠→瀬戸→尾張旭→
名古屋市街→実家

美ヶ原前最後の追い込みで雨沢峠へ。雨沢峠は20分かからず上れる峠なので
本気で上っても疲れはレースまでにとれるだろうと。

雨沢峠は愛知県の人たちの間では結構有名な峠で、自分も自転車始めた頃は
タイム計測に利用していました。最近はいろんな人が上っているので自分が
どれくらいの位置にいるのか知るには丁度いいです。

前回計測したのは2年前のズノウチューブさんの記録会でタイムは19分20秒
でした。とりあえずこの記録は2分以上更新したいところ。

相変わらず信号ばかりの瀬戸までの道のりを150bpmくらいの適当な強度で。
信号ばかりといえど、そんな道だからこそゼロ発進とかやれることはあるはず
なので本当はもっと工夫して走らないといけないと思うのですが。

スタート地点で軽くストレッチをして準備。20分かからない峠なので始めから
ガンガン飛ばしていかないとタイムはなかなか狙えない。マイペースに最初は
ゆっくりいきたいところですがそんなことしていられないです。
美ヶ原前なのでタイム次第ではがっかりしてしまいそうなので少し緊張。

スタートしてまず最初の苦手な緩斜面を頑張って踏む。といってもオーバー
ペースにならないように注意しながら。坂がきつくなってだいたい6%くらいか。
そのあたりでも普段よりか気持ち踏むように意識して。2,3か所くらい10%
程度の短い区間があってそこをどうやり過ごすかがポイントのような気がする。
無理して踏むとそのあとペースダウンするし、かといって力を抜くとタイムは
伸びません。後半は前半踏み続けたツケがきてそこは騙し騙しのダンシングで
ごまかしごまかし。県境から先は最後の頑張りどころで、踏めなくても
踏まないとタイムは伸びないしホントに苦しい。

雨沢峠T.T.
タイム:  16分58秒
最大心拍数:191 bpm
平均心拍数:179 bpm
平均速度: 21.1 km/h
CAD.ave:  86 rpm

終盤にかけて心拍数は190bpmくらいを維持して良い具合に追い込めたかと。
この峠は19分近くかかるペースでしか上ったことがなかったから、コースの印象
がだいぶ違いました。そのときはシクロクロスに手組みホイールだったので
バイクそのものがかなり違いますが(汗)それでも17分を切るタイムで走れたので
それはそれで嬉しい。2年前は17分切るタイムで走ることなんて
考えられなかったので。とはいえ強者はここを15分台、はたまた14分台で
上ってしまうので、もっと頑張らないといけないです(汗)

雨沢峠を17分だと美ヶ原は1時間10分台で走れればいいところか。残りの日は
負荷はあまりかけずに調整程度にする予定です。

走行距離:80km
獲得標高:950m
■15日(水)

朝練:32km

家の周りをサイクリング。雨沢峠へ行く最適な道を模索するもどのルートも
信号ばかりなのには変わりない。帰宅後はツーリングの計画をひたすら。
美ヶ原後は放浪の旅に出かける予定です。


■16日(木)

朝練:ローラー台(流し) 50min
夜練:ローラー台(流し) 20min

愛知県をあとにして神奈川県へ。私服やらスーツやら自転車やら、はたまた
ローラー台まで実家に持ち込んでいたので、これをどう自宅に送り返すかという
話になって、結局車に積み込み神奈川まで持っていくことに。車は愛知県に
戻さないといけないので、父親までついてきてもらうことになりました。

計画性のないことをして親に迷惑をかけるダメ息子です(汗)夕食を父親と
食べて、今後のことをいろいろと。将来は親の後を継ぐ立場にあるので、その辺
のところをわきまえておかないと。

いつか乗れなくなるにしても、せめて今は乗っていたい。悩ましいところです。


■17日(金)

昼練:33km(r134 江の島→鎌倉) プラス ローラー台(メディオ8min)

午前中雨で午後から曇りの予報。実際午後から雨がやんだので、外練で海岸
沿いを目指して南下。海岸沿いに出て鎌倉方面を目指していると通り雨に
降られてコンビニで雨宿り。ふたたび走りだすと鎌倉でまた雨に降られる。
藤沢市街に戻ると途端に止んで、かなり局所的な雨だった模様。

少しは負荷をかけようと思ったけど雨にいろいろ狂わされ、結局家でローラー台。
この時期の天気は難しい。それにしてもこんな天候でzippを履かせて外練を
しようなんて間抜けもいいところ(汗)

夜は送別会第2弾。といっても僕の部署でもう1人辞める人がいてこの日は
その人が主役で僕はそのついで。盛り上がっていたけど僕はレース前なので
お酒は少しだけ。2次会は参加せず逃げだしたいところだったけど、強引に
連れていかれて12時過ぎまで付き合わされた(汗)結局この日は寝たのが
1時くらい。レース前なのでしっかり休みたかったのだが(泣)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。