あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■15日(金)

コース:
自宅→伊勢原→r246→秦野→ヤビツ峠→二宮→r1→r134→r467→自宅

振休だけど午後から用事があったので5時前に出発して4時間でヤビツ
を往復。ヤビツ峠のふもとまで1時間、ヤビツ峠を上って下るのに
1時間と考えれば、朝3時に起きればヤビツ往復して出勤も可能かと
馬鹿なことを考えてしまった。
(そのうち実行してしまいそうな自分がいる。。)

ヤビツ峠は気持ちよく上れるペースで。中強度で体に負荷をかける
イメージで、あとはきつい坂で頑張り過ぎないように意識して。

午後からの用事というのは、7月から働かせていただく会社の方と
入社までのスケジュールについて打ち合わせ。食事までごちそうに
なってしまった。7月から新しい毎日が始まるので期待が膨らむ一方で
不安も多々あります。

帰ってからタイヤ交換。今まで使ってたContinental Grand Prix 4000 sも
もう1年経過するので、かなり擦り減っていて、もういい加減交換しないと
と考えていました。racing1がチューブレス対応なので、どんなもん
なのか前々から気になっていたので換装することに。交換したのは
Hutchinson Fusion 3で、初めてなのでお店の人に勧められるがままに
購入しました。

不器用なので交換にすごく苦労するんじゃないかと思ったけど、タイヤを
履かせるのに手間どったものの、空気を入れるのは簡単だった。
それにしてもあんな構造でよく空気が漏れないものだと感心してしまった。

実走してみての感想はまた改めて

走行距離:91km
■16日(土)

コース:
自宅→茅ヶ崎→r134→r1→r135→下田

土日は天気も良さそうで、かねてからやってみたいと考えていた伊豆半島一周
をやることに。下田まで行って輪行して帰るっていうのは何回かしていたけど
西伊豆に行くのは2年前の夏以来。猛暑の中ヘトヘトになった記憶しかなくて
もう少し余裕を持って楽しめればと。

1日目は下田までで、2日目もあるので余力を残しながら。あとは前日交換した
チューブレスの感じをたしかめながら。チューブレスは地面からの衝撃が
穏やかに感じる。それでいて気持ち良くころがってくれるといった感じか。
どちらかというと鈍感なのでなんとなくそう感じるといった程度ですが。
平坦のところを長時間ライディングしてると乗ってて気持ち良いです。
上りは長時間上ってみないとまだちょっと分からない。

相変わらずのアップダウンで走り応え満点ですが、節電の影響でトンネル内が
真っ暗。300~400mあるトンネルは、覚悟を決めて突入していく感じだった。
簡易的なライトしか持ちあわせていなかったので、ほんの一部しか照らせない。
たぶん自転車が通ることを想定してないんだと思うけど、そこは全部とは
いかなくても部分的に点灯しておいてもらいです。

下田の「やまがた」という洋食ステーキ屋さんでハンバーグスパゲティを
食べてハリスの足湯につかるといういつものパターンでそのまま宿へ。

夕食は金目鯛丼を食べてとかなり奮発してしまった感じがするけどたまには。

走行距離:138km


■17日(日)

コース:
下田→r136→石廊崎→r136→r17→韮山→函南→十国峠→箱根峠→箱根旧道
→r1→r134→茅ヶ崎→自宅

朝9時にホテルをチェックアウト。もう少し早く出たかったけどホテルの
朝食を食べてからとなるとどうしても遅くなってしまいました。この日は180km
くらいを想定していたので18時くらいまでには帰宅できるだろうと考えていた
けど、やはりそんなに甘くはなく。。

ホテルを出発してからすぐコンビニあって、先を急いでいるというのもあって
スルー。この先40kmくらいコンビニがなかったです。コンビニ1つない自然
に溢れたところを走っているので日本にいることを忘れそうになります。
非日常を感じるにはもってこいだと思います。飛び込んでくる景色は思わず
漕ぐ足を止めてしまうものばかりでした。

石廊崎らへん
送信者 伊豆半島1泊2日

松崎町
送信者 伊豆半島1泊2日


松崎町を過ぎてr136から県道を進むとさらにアップダウンが。ここまでの疲労が
あるだけにしんどかったけど、海岸沿いをずっと走るので気持ちよかった。
ここからはとどめの十国峠。散々アップダウンを繰り返してきたのに箱根越えです。
始めは気持ちよく上っていられたけど中盤からは苦し紛れに上っているだけだった。
上りきったら16時を過ぎていて想定以上に時間がかかってしまった。
それよりもここまでの距離が予想以上に長かった。

小田原まで下ったあとの自宅までの40kmはサイクリング。走る気力はあっても
足に力が入らない。走行距離はトータルで220kmだった。180kmくらいと予想
していたのだが。この日の失敗は出発時間が遅かったこと。帰りが19時30分に
なるとか少し遅すぎる。でも走りごたえ十分のコースを走れたからかなり満足。
西伊豆はまだまだ走り足りないのでまた行きたい!
■18日(月)

朝練: 3本ローラー 20分(回復走)


■19日(火)

朝練: 3本ローラー 40分(高回転)

【高回転】110rpm 10min


■20日(水)

朝練:52km(朝比奈峠×2)


■21日(木)

朝練:3本ローラー 30分(流し) 固定ローラー 15分(SFR)

【SFR】 1分負荷→2分レスト(5セット)


■22日(金)

朝練:68km(半原越)

3時30分起床。朝練で一番長い距離を走った。流石に1日しんどかった。l
■23日(土)

朝練: 3本ローラー 40分(流し)

夕練: 3本ローラー 40分(流し)


■24日(日)

コース:
自宅→茅ヶ崎→r134→r1→箱根旧道(×2)→箱根峠→十国峠→熱海→
r135→r1→r134→茅ヶ崎→自宅

この日は半年ぶりに箱根旧道でタイム計測。半年前の自己ベストを塗り替えるのが
この日の目標です。スプロケットも12-27に換装して準備万端。

------------------------------------------------------------
【1本目】

箱根旧道の上り口までで体力を消耗していたせいか、思った以上に踏めなかった。
箱根旧道の急坂に力負けしている感覚でした。半年前はもっと回してグイグイ
上っていけた記憶があるのだが。特に後半はかなり足にきて全然踏めていなかった。
箱根旧道を上れるだけの体がまだ出来あがっていないのかもしれないです。
タイムは自己ベストの38分36秒から30秒ほど遅れる結果だった。

タイム:  39分03秒
最大心拍数:184 bpm
平均心拍数:171 bpm
平均速度: 16.6 km/h
CAD.ave:  77 rpm


【2本目】

50分のレストで2本目。序盤から1本目の疲れを引きずっていてスカスカでした。
やはり箱根旧道の急坂はかなり足に応えるよう。

前半から心拍数が思うように上がらず、これはダメだと思ったけど後半になって
180を超える場面があったが原因はよく分からない。とにもかくも箱根旧道の
ような急坂を2本上っても持ちこたえられるような足をつくりたい!

タイムもそれなりの結果だった。箱根旧道を2本上るとか以前では
考えられなかったから、それができたということはそれはそれでよかったと思う。

タイム:  42分05秒
最大心拍数:185 bpm
平均心拍数:161 bpm
平均速度: 15.4 km/h
CAD.ave:  72 rpm
------------------------------------------------------------

チューブレスタイヤを履かせて思い切り上ってみたけど、上りでは若干走りが重くなる
印象があります。クリンチャーの軽量タイヤには劣ると思われます。ただ練習で使うぶん
には全く問題はなし。練習で使うタイヤは少しくらい重く感じるくらいでいいと思います。

平坦ではマイルドな乗り心地を味わいながら、気持ちよく転がってくれるので、僕的には
クリンチャーの上をいっているという印象です。

熱海に下ってから小田原までは全然体力が回復せずダラダラ走っているだけ。
小田原でコンビニ休憩してると、スキップのジャージを着た方がいて、その人を目標に
スタート。ようやく体力も回復してきて、その人とペースが合った(のちにその人は
流してただけということを知ったのだが)ので茅ヶ崎で別れるまで並走して走行。
思い当たる節があったので思い切って聞いてみたらパラリンピックの金メダリスト
石井雅史選手だった。優しく声をかけてくださって、後ろについて走っているときも、
気遣いがとても細やかでした。とても勉強になりました。一流選手の雰囲気というか
オーラがでていた。石井選手の姿を見ていると自分の自転車に乗る姿勢が恥ずかしく
思えた。自転車を乗る以前のマナーとか周りへの配慮といった点を見直していきたい。

走行距離:162km
■25日(月)

朝練:3本ローラー 20分(回復走)


■26日(火)

朝練:31km(海岸沿い平坦)


■27日(水)

朝練:24km(近所の坂×10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。