あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■30日(木)

コース: 新川沿いをぶらっと28km

午前中に回復走をかねて家の近くをぶらっと。午後は学生時代の友人と一年ぶり
に会って映画を見た。見た映画はヤマト。リーダーシップを発揮するキムタクが
とてもカッコ良かった。ストーリーもシンプルでうまいことまとめられていたと
思います。

その友人がロードバイクを買いたいとのこと。昼飯を食べながらフレームの素材
やらコンポーネントの話などいろいろ話しておきました。本宮山をその自転車
で上りたいと言っていたし、神奈川の家に遊びに来ると豪語していたので今後が
楽しみです。将来的にツーリングしたり山上ったりできればいいなと思います。


■31日(金)

コース:津島市方面をぶらっと24km

着替えてさあ出発だと思って外に出てみると雪が。そうなると一気にテンションが
下がって予定していた犬山方面へのライドをとりやめ。親とおせちを取りに行ったり
あとは伏見にできたというy'sロードをぶらぶらして時間をつぶす。

年末年始の食材の買い物を済ませて昼食。帰省してからはお菓子ばかり食べていて
明らかに摂取カロリーが消費カロリーを上回っています。体がうずうずして、荒れ模様
の天気も少しは落ち着いた様子だったので1時間ほど自転車を漕ぐ。

ということでこれが今年の走り納め。あとは紅白でも見てなんとなく年越し。
スポンサーサイト
■年始の目標を振り返って

年始に挙げていた目標は

①1年間事故なく健康に乗り続けること
②60kg以下に体重キープ
③日記をもっと更新する
④多少のことでめそめそしない

でした。①はしっかり達成できたかと思います。昨年は無理に走ってハンガー
ノックになったり、風邪を引いたりと自己管理が全く為されていなかったです。
今年はペースを守りながら無理なく走れたかと思います。心拍計で自分の調子
をある程度把握できるようになったのが大きかったと思います。

②の目標は4月以降から達成できていたかと。1年前はいろいろ悩んでいて
自転車に乗れていなかったから、60kgオーバーという今まで考えられなかった
体重に達していました。昨年の秋以降しばらく調子が上がらない時期があって
モチベーションも底をついていました。2月に新しい自転車を購入したのを
機に一からもう一度頑張ってみようという気持ちになり、徐々に距離を伸ばし
ていきました。2月以降から朝練も習慣的にこなし、それからセルフマッサージ
やストレッチをこまめにするようになってから、少しは調子をコントロール
出来るようになったかと思います。朝練を習慣的にこなせるようになってから
少しずつ体重も減っていきました。やはり減量するには高い頻度で自転車に
乗ることが重要かと思います。

③の「日記をもっと更新する」は今年の前半はひどい有様で、この時期は自分に
自信を失くしていて日記を書くモチベーションが削がれていました。6月以降
から日記の更新は少しましになったかと。

④は調子が一向に上がらない、自転車に乗っていてもあまり楽しく思えない
自分に嫌気がさして、結果的に起こってしまった精神的な状態を表しています。
これについては4月以降レースをこなしていくうちに解消されていきました。


■今年のレースを振り返って

・パナソニックヒルクライム in 伊吹山ドライブウェイ (34/233位)

今年の初戦で自分に自信が持てないまま臨んだレース。序盤からオーバーペース
で後半タレタレだったけど、それなりの走りはできていたかと記憶しています。


・日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010 (8/77位)

心拍計を頼りにペースを守りながら走れたレース。順位も想像以上に良くて自信に
なりました。レースの結果よりも、景色が素晴らしくて自転車に乗ることが改めて
楽しいと思えたレース。


・ツール・ド・美ヶ原 (3/117位)

昨年は悔しい思いをしたから、今年はなんとか入賞したいと思い臨んだレース。
強い選手が出場していなかったから運良く上位にくいこめました。このレースで
自分自信どこか吹っ切れた感がありました。ヒルクライムレースでは負けたくない
という気持ちが一層強くなったと思います。


・全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 (10/128位)

かろうじて入賞できたレース。思い描いていたようなレースができず、自分の
力のなさに気付かされました。ただ初めて出場してみてコースをとっても
景色をとっても他のレースとはスケールが違うと知らされ、このコースで
自分の納得できる走りがしたいという気持ちになりました。


・スーパーヒルクライム2010 in TOYO TIRES ターンパイク (12/172位)

調子も良くて10位以内をねらっていたけど目標はかなわず。これまで25歳以下で
競われるレースに出場することが多かったけど、このレースは29歳以下で
年齢層が広かった。今年で26歳になったので来年からはこれまでよりレースの
レベルが高くなります。その人たちとレースしてもまだ勝てるレベルにはない
と実感しました。


・ツール・ド・ひたちなか (42/253位)

初めてのエンデューロレースで左も右も分からなかったけど、たくさんの経験が
出来たレース。集団走行は危なっかしいけど、少しずつ出場する機会を増やしたい
と思います。


自転車でレースに出場するようになり、さらに入賞を目指すようになってからは
趣味にあまり熱くなりすぎるのは社会人としていかがなものなのかという思いが
あったけど、自分の素直な気持ちはやっぱりヒルクライムレースで負けたくない
というものでした。もうしばらくは今の気持ちを大切にして、来年も自転車に
たくさん乗りたいと思います。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。