あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログしばらくお休みしてましたが再開したいと思います。
気分でしか更新しないので継続する自信はありませんが。。。

とりあえず今年は


■ 自転車を買った

2月にKUOTAのkebelを納車しました。


■ レースに出た

伊吹山と蔵王のヒルクライムレースに出場した。
今後は美ヶ原と乗鞍に出場予定。


こんな感じ。
スポンサーサイト
今更だけど記憶に残るレースだったのでブログに残しておきます。
5/16(日)開催の日本の蔵王ヒルクライムエコというのに出場しました。

わざわざ宮城にまで行ってレースに出場した理由は

1.6月のレース特に美ヶ原に向けてきつめのコースのレースをこの時期に
  こなしておきたい
2.東北の山を自転車で駆け上ってみたい

というのが主な理由でした。

第1回の開催ということでほとんど情報がなく、勾配を見る限りかなりきつい
ということは感じていて、ノーマルクランクでしのげるか不安もありました。
けどノーマルクランクにこだわりもあって、強ければこなせるはずという思いで
レースに望みました。

コースは美ヶ原と似ていて、序盤から10%前後のきつめの坂が4kmほど続き
あとは7%前後の坂がダラダラ続く感じ。ただラスト2kmで再び10%の坂があらわれる
のでそれまでに足を使いきらないように心がけました。

チャンピオンクラスとの同時スタートだったのでオーバーペースにならないよう
序盤は自重。スタート直後は明らかに後ろから数えたほうが近い位置にいて、
でも絶対ペースダウンすると思ったので、焦らず淡々と坂をこなしました。
間もなく序盤からとばした人たちを吸収。この人たちは序盤なのにシッティング
からたまらずダンシングに切り換えているようだったので、やはりオーバーペース
だったのだと思う。

序盤の激坂を終えたころにはそこそこ上位にいました。勾配が緩やかになり
一定のペースで上っていくとteam ARIの選手を吸収。この人は余力を残している
ようで2人で先頭交代し、効率よく坂を上る。このペースでいけば良い位置で
ゴール出来るかもと思ったけど上るにしたがって風が強くなりペースダウン。
ケイデンスが下がりこの時ばかりはもう一つ軽いギアが欲しいと思いました。

心拍も限界にきていたけど前方に4~5人の集団が形成されていたので必死に
追いつく。この辺りからはもう気力だけで走っていて余り冷静ではなかったと
今振り返ると感じます。

この辺の人たちとは最後まで抜きつ抜かれつしながらゴール。
順位はロードレーサー男子Bクラス(20~29歳)で77人中8位でした。


今回のレースはたくさん収穫がありました。

■ギヤ比について。

今回はフロント 52-39、リア 25-12で臨んだけど、後半の風が強く吹く場面
以外ではこのギア比で問題なかったと思う。今回のコース以上に厳しい
ヒルクライムレースは少ないから多くのレースはこのギア比で臨めると感じた。
ただし今回のように途中で強風に見舞われる恐れのあるコースでは保険で
27を備えてもよいと思いました。


■心拍について

今回はスタート後から徐々に心拍を上げていき180強でキープ。もう少し
行けるかもと思い190弱まで上げたけど終盤は180を下回る場面もありました。
1時間を超えるようなレースでは180強でキープするくらいがちょうどよいと感じた。


■レースの展開について

自分はスロースターターなのでスタート直後から一気に心拍を上げてということ
ができません。だけど本当に強い人たちは最初から速いペース。そのまま
の勢いでゴールまで駆け上ります。もっと順位を上げたかったらスロースタート
で臨むという姿勢から変えていかないといけないと感じた。


■一番の収穫

自転車に乗り始めていろんな峠や山を上ってきたけど、変わる変わる景色に今回
ほど感動したことはありませんでした。新緑のトンネルをくぐると
残雪の山々が目の前に広がり、気付いたときには雪の壁の間を駆けぬけていました。
自転車乗っていなかったらこんな感動は味わえなかったと思うと充足感で
満たされました。


写真を何枚か撮ったので。。。

一枚目:言葉が出ないとはこのことだと思った
送信者 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010


二枚目:蔵王と言えば“お釜”
送信者 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010


三枚目:kebelとともに
送信者 日本の蔵王ヒルクライム・エコ2010


リザルトが掲載されているページにアクセスしたら自分の写真があった。うれしい半面
マヌケヅラだけに恥ずかしい。

今シーズンは美ヶ原を目標に定めています。昨年の悔しさを晴らしたいと思います。
目標は入賞です。

昨年の後半から年明け頃は調子がほとんど上がりませんでした。
そんな自分に嫌気がさしてブログもまともに更新しなくなりました。

今思うと原因は平日自転車に乗る習慣が身につかなかったこと。
学生時代は学校の行き帰りでほぼ毎日自転車に乗れていたけど
社会人になって平日自転車に乗る機会が少なくなりました。
平日自転車に乗るとベースが出来上がります。ベースがなければ
週末どんなにガッツリ乗っても力がつかないと思います。

今年になってから朝練を始めました。朝錬といっても20~30km程度
ですが。疲れが溜まっていると感じたらゆっくりのペースで。
体が走りたくてウズウズしていたら飛ばすような感じで。
平日習慣的に自転車に乗っていると週末にガッツリ走るとなっても
対応できます。翌日の疲れも最小限に抑えられているそんな気がします。

心拍計は自分の調子を測る上でかなり有用な道具だと思います。
心拍が上がらないときは疲労が蓄積されているんだとか、高い心拍
を維持できるときは調子がいいんだとか。
あと練習後の体のケアが重要。簡易的なマッサージを取り入れること
で翌日に残る疲れを最小限に抑えれらます。

当たり前のことだけど昨年はそれができていなかった。そんな気がします。
好調と不調。それは精神的もしくは肉体的な原因に依るものだと思うけど
強くなる過程で誰もが経験するもので、遭遇したときの心の持ち様
が非常に大事だと思います。

今シーズンは昨年の最悪期を乗り越え調子は決して悪くないです。
昨年の反省を活かし調子を維持して美ヶ原、乗鞍を迎えたい。

菜の花台を5回上ろうとしたけど

1本目(T.T.)
タイム:  21分39秒
最大心拍数:192 bpm
平均心拍数:176 bpm
平均速度: 19.4 km/h
CAD.ave:  88 rpm

2本目流し

3本目(T.T.)
タイム:  22分36秒
最大心拍数:188 bpm
平均心拍数:173 bpm
平均速度: 18.5 km/h
CAD.ave:  85 rpm

4本目流し

5本目(T.T.)
記録なし

5本目上るときにはかなり疲労がきていて蓑毛の坂を上り終えると
心拍は180から170bpm近くまで落ち込みました。そこからいっこうに
心拍が上がらず途中でダウン。

菜の花台までのT.T.は何回かやっていて今回はベストタイムだった。
だけど菜の花台を5本上る脚力がないことが判明した。

走行距離:132km

昨日はMt.富士ヒルクライム。エントリーして入金したけど結局出場しなかった。
出たくても出られなかった人には大変申し訳ない。2週間前に試走も済ませていて
その時点では出場予定だったが、その後モチベーションが下がる出来事があり
気持ちが切れてしまった。

昨年の経験からMt.富士ヒルクライムは申告タイム順でスタートもバラバラ。
入賞する可能性があればまだしも、強豪揃いのこの大会はとても入賞はかなわない。
このレースはスタートがバラバラだし誰かと競うというより昨年の自分と比べて
どれだけ強くなったかを知るという意味合いが強い。当初自分もそれが知りたくて
エントリーしていた。

だが先日出場した蔵王のレース結果からこのレースのタイムはおおよそ予想できる。
タイムを知りたいだけならそんなに遠くないんだしいつでもT.T.すればいいんじゃ
ないかと思ったら出場する気持ちが薄れていった。5000人とかお祭り騒ぎ
的なイベントに一人ぼっちでいっても何となく寂しいし(痛)

レースレポートなんかを読んでると思わず出場すればよかったかなともふと思うが
そんなもどかしい気持ちも3週間後の美ヶ原にぶつければそれはそれでいいと思う。
気力が充実した現在の状態を3週間後まで保ちたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。