あこがれのヒルクライマー

どんな坂もスイスイのぼりたい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
■23日(土)

コース:三浦半島1周

翌日は全力で走る予定があるので、ゆったりのペースで。といっても
信号がなくてガンガン飛ばせるところはメディオくらいの強度で。

三崎までは追い風に助けられて、快走できたけど帰りは向かい風で
しかも気温が上がってちっともペースが上がらなかった。
コンビニにも計5回くらい寄った。グダグダな感じで終了。

走行距離:104km
獲得標高:640m


■24日(日)

コース:
自宅→伊勢原→r246→秦野→ヤビツ峠(×2)→二宮→r1→r134→
鎌倉→自宅

ブログを読んでくれているTamさんに声をかけてもらいこの日は
ヤビツ峠を2本(コンビニスタート)。Tamさんは僕と同じで美ヶ原を
2年連続で入賞していていい勝負ができそう。といってもタイムでは自分が
上回っているので負けることはないだろうと正直思っていたのですが。。

----------------------------------------------------------
【1本目】

180bpmくらいの心拍数をターゲットにして登坂。蓑毛の坂で180台に
乗ってそれからはずっとそれを維持しました。いつも蓑毛の坂を過ぎて
から心拍数が落ち込むのですがそれがなかったのでペース配分は
良かったかと思います。

蓑毛の坂を終えるまでは自分が先行していたけど、そこを過ぎてから
はTamさんと先頭交代しながら登坂。お互いペースがかなり合っていて
なかなか引き離せないし、引き離されなかったです。

菜の花台を過ぎてからペースが上がって心拍数も185bpmくらいまで上昇。
徐々にTamさんに先行される時間が長くなり、終盤にはTamさんが
ペースアップ。最後に全力で追走するも1歩及ばず。ゴール直前の心拍数
は196bpmとか見たこともない数値をたたき出していました(汗)

タイムは31分01秒で4月に出した自己ベストを1分30秒更新できたので
良かったです。はるかかなたに思っていた30分もあと1分にまでせまれた
のでなんとか目指したいです。

タイム:  31分01秒
最大心拍数:196 bpm
平均心拍数:178 bpm
平均速度: 19.4 km/h
CAD.ave:  84 rpm


【2本目】

1本目から35分のレストで2本目。1本目で出し切っていたのでタイムは
狙えそうにないけど、残りの力を振りしぼって登坂。

走り始めは流石に足が重くて踏めず回せずで苦しかったです。蓑毛の坂
を上っているうちに少しずつ踏めるようになってきた。上り終える頃には
170bpmまで上昇。Tamさんは後ろでペースアップのタイミングを
うかがっているよう。そこからは1本目と同様に先頭交代しながら登坂。

菜の花台の手前で180bpmに乗ってここからはそれを維持する格好。
相変わらずTamさんとはペースが合っていてお互い差が開かなかったです。

1本目に比べてTamさんの息が上がっているような気がしたので終盤ペース
アップして引き離しにかかるも、まもなく追いつかれる。逆に少し
引き離されたけど、最後は全力で追走して追い抜きなんとか振り切って
ゴール。最後は193bpmまで上がり十分すぎるくらい追い込めました(汗)

タイム:  32分12秒
最大心拍数:193 bpm
平均心拍数:172 bpm
平均速度: 18.8 km/h
CAD.ave:  80 rpm

----------------------------------------------------------
2本走って2本ともほぼ同タイムでゴールとかなかなかないので良い
ライバル出現といった感じです。最近はtakeさんやTamさんのように
神奈川でも一緒に走る相手ができて、これからが楽しみです。

もう少し書きたいこともあるけど眠たいので今日はここまで。。

走行距離:140km
獲得標高:1725m

スポンサーサイト
■14日(火)

コース:
実家→名古屋市街→尾張旭→瀬戸→雨沢峠→戸越峠→瀬戸→尾張旭→
名古屋市街→実家

美ヶ原前最後の追い込みで雨沢峠へ。雨沢峠は20分かからず上れる峠なので
本気で上っても疲れはレースまでにとれるだろうと。

雨沢峠は愛知県の人たちの間では結構有名な峠で、自分も自転車始めた頃は
タイム計測に利用していました。最近はいろんな人が上っているので自分が
どれくらいの位置にいるのか知るには丁度いいです。

前回計測したのは2年前のズノウチューブさんの記録会でタイムは19分20秒
でした。とりあえずこの記録は2分以上更新したいところ。

相変わらず信号ばかりの瀬戸までの道のりを150bpmくらいの適当な強度で。
信号ばかりといえど、そんな道だからこそゼロ発進とかやれることはあるはず
なので本当はもっと工夫して走らないといけないと思うのですが。

スタート地点で軽くストレッチをして準備。20分かからない峠なので始めから
ガンガン飛ばしていかないとタイムはなかなか狙えない。マイペースに最初は
ゆっくりいきたいところですがそんなことしていられないです。
美ヶ原前なのでタイム次第ではがっかりしてしまいそうなので少し緊張。

スタートしてまず最初の苦手な緩斜面を頑張って踏む。といってもオーバー
ペースにならないように注意しながら。坂がきつくなってだいたい6%くらいか。
そのあたりでも普段よりか気持ち踏むように意識して。2,3か所くらい10%
程度の短い区間があってそこをどうやり過ごすかがポイントのような気がする。
無理して踏むとそのあとペースダウンするし、かといって力を抜くとタイムは
伸びません。後半は前半踏み続けたツケがきてそこは騙し騙しのダンシングで
ごまかしごまかし。県境から先は最後の頑張りどころで、踏めなくても
踏まないとタイムは伸びないしホントに苦しい。

雨沢峠T.T.
タイム:  16分58秒
最大心拍数:191 bpm
平均心拍数:179 bpm
平均速度: 21.1 km/h
CAD.ave:  86 rpm

終盤にかけて心拍数は190bpmくらいを維持して良い具合に追い込めたかと。
この峠は19分近くかかるペースでしか上ったことがなかったから、コースの印象
がだいぶ違いました。そのときはシクロクロスに手組みホイールだったので
バイクそのものがかなり違いますが(汗)それでも17分を切るタイムで走れたので
それはそれで嬉しい。2年前は17分切るタイムで走ることなんて
考えられなかったので。とはいえ強者はここを15分台、はたまた14分台で
上ってしまうので、もっと頑張らないといけないです(汗)

雨沢峠を17分だと美ヶ原は1時間10分台で走れればいいところか。残りの日は
負荷はあまりかけずに調整程度にする予定です。

走行距離:80km
獲得標高:950m
■10日(金)

コース:
実家→あま市→海津町→養老町→二之瀬×2→木曽三川公園
→愛西市→津島市→実家

日曜日は不完全燃焼だったので、地元で有名な二之瀬を2本上って
完全燃焼することがこの日の目標です。前にタイム計測したのは
2年以上前でその時のタイムが22分30秒。とりあえず目標を20分ジャスト
に設定。それからzippに慣れるのがこの日の課題です。


【1本目】

序盤から中盤にかけては良いテンポで上れました。後半タレたけど
なんとか踏ん張ったと思う。ゴールが思ったよりも近く感じました。
普段T.T.をしているコースよりも短いためかもしれない。
タイムは目標に及ばず。。

タイム:  20分24秒
最大心拍数:189 bpm
平均心拍数:176 bpm
平均速度: 18.7 km/h
CAD.ave:  82 rpm


【2本目】

1本目に比べて序盤から明らかに出力が低い。1本目よりも踏めず回せず
で苦しいヒルクライムでした。後半にかけて出力を上げて心拍数も
それなりに上がった。けれどタイムは1本目から1分近くダウン。

タイム:  21分30秒
最大心拍数:187 bpm
平均心拍数:170 bpm
平均速度: 17.8 km/h
CAD.ave:  79 rpm


思っていたよりもタイムは良くありませんでした。正直zippを履いてこの
タイムは恥ずかしい。最低でも20分切りはしないといけなかったと思います。
心拍数は185bpm以上まで上がって追い込むことはできたかと。
ただ2本走り終えたからのヘタれようが酷かったです。平坦でも踏むことが
できずハンドルバーを握ってサイクリング。調子は悪くないと思うのですが。

zippを履かせて走ってみた感想は、ホイールが軽い分これまでより重力
に逆らわず上っていけるからケイデンスが上がっていく、だから速く上れる
印象を受けました。ただペダリングする感覚がこれまでと違うから、そこは
慣れておかないとロスにつながりそうです。

美ヶ原に向け不安要素だらけですが、残りの期間でできることをするだけと
半ば開き直って本番を迎えるのが良いかも。

走行距離:89km
■7日(土)

午後雨が上がったのでr134を中強度で41km


■8日(日)

コース:
自宅→茅ヶ崎→r134→r1→小田原→箱根旧道→元箱根→仙石原→長尾峠
→御殿場→足柄峠→小田原→r1→r134→茅ヶ崎→自宅

レース1週間前ということで定番の箱根旧道T.T.。昨年秋の自己ベストを
塗り替えてレースに臨みたいところ。

先日T.T.をしたときはr134とr1でとばしすぎたので心拍数150を上回らない
くらいで。先日のT.T.では自己ペストから30秒程遅い39分03秒でした。
このときに2本上ったおかげで急坂を上る感覚が戻ったのか、今回は先日よりも
踏めている気がした。

箱根旧道T.T.
タイム:  38分20秒
最大心拍数:185 bpm
平均心拍数:171 bpm
平均速度: 16.6 km/h
CAD.ave:  78 rpm

自己ベストを20秒程更新。この結果はシーズン序盤でかつ体重がまだベスト
ではないということを踏まえれば上出来か。今シーズン中に37分台前半を
目指したいと思います。

ここからは長尾峠と足柄峠をつないで帰宅。長尾峠は芦ノ湖を見下ろしながら
ダンシングで上っていると気持ちいいお気に入りのコース。足柄峠は御殿場
から上るのは初。下調べもしていなかったので不安もあったけど、中~高強度
でヘタれることなく上れた。昨年は箱根旧道でT.T.した後にこんな山岳コース
を走るなんてなかったけど、そんな余裕が生まれたということは少しは持久力
がついたのか。これからは高出力での持久力を強化することが課題です。

走行距離:161km
獲得標高:2160m
■23日(土)

朝練: 3本ローラー 40分(流し)

夕練: 3本ローラー 40分(流し)


■24日(日)

コース:
自宅→茅ヶ崎→r134→r1→箱根旧道(×2)→箱根峠→十国峠→熱海→
r135→r1→r134→茅ヶ崎→自宅

この日は半年ぶりに箱根旧道でタイム計測。半年前の自己ベストを塗り替えるのが
この日の目標です。スプロケットも12-27に換装して準備万端。

------------------------------------------------------------
【1本目】

箱根旧道の上り口までで体力を消耗していたせいか、思った以上に踏めなかった。
箱根旧道の急坂に力負けしている感覚でした。半年前はもっと回してグイグイ
上っていけた記憶があるのだが。特に後半はかなり足にきて全然踏めていなかった。
箱根旧道を上れるだけの体がまだ出来あがっていないのかもしれないです。
タイムは自己ベストの38分36秒から30秒ほど遅れる結果だった。

タイム:  39分03秒
最大心拍数:184 bpm
平均心拍数:171 bpm
平均速度: 16.6 km/h
CAD.ave:  77 rpm


【2本目】

50分のレストで2本目。序盤から1本目の疲れを引きずっていてスカスカでした。
やはり箱根旧道の急坂はかなり足に応えるよう。

前半から心拍数が思うように上がらず、これはダメだと思ったけど後半になって
180を超える場面があったが原因はよく分からない。とにもかくも箱根旧道の
ような急坂を2本上っても持ちこたえられるような足をつくりたい!

タイムもそれなりの結果だった。箱根旧道を2本上るとか以前では
考えられなかったから、それができたということはそれはそれでよかったと思う。

タイム:  42分05秒
最大心拍数:185 bpm
平均心拍数:161 bpm
平均速度: 15.4 km/h
CAD.ave:  72 rpm
------------------------------------------------------------

チューブレスタイヤを履かせて思い切り上ってみたけど、上りでは若干走りが重くなる
印象があります。クリンチャーの軽量タイヤには劣ると思われます。ただ練習で使うぶん
には全く問題はなし。練習で使うタイヤは少しくらい重く感じるくらいでいいと思います。

平坦ではマイルドな乗り心地を味わいながら、気持ちよく転がってくれるので、僕的には
クリンチャーの上をいっているという印象です。

熱海に下ってから小田原までは全然体力が回復せずダラダラ走っているだけ。
小田原でコンビニ休憩してると、スキップのジャージを着た方がいて、その人を目標に
スタート。ようやく体力も回復してきて、その人とペースが合った(のちにその人は
流してただけということを知ったのだが)ので茅ヶ崎で別れるまで並走して走行。
思い当たる節があったので思い切って聞いてみたらパラリンピックの金メダリスト
石井雅史選手だった。優しく声をかけてくださって、後ろについて走っているときも、
気遣いがとても細やかでした。とても勉強になりました。一流選手の雰囲気というか
オーラがでていた。石井選手の姿を見ていると自分の自転車に乗る姿勢が恥ずかしく
思えた。自転車を乗る以前のマナーとか周りへの配慮といった点を見直していきたい。

走行距離:162km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。